結婚について思う事

私の幼いころの「将来の夢」は「お嫁さんになること」でした。
漠然と王子様が白馬に乗って現れると信じて疑いませんでした。

女の子は誰でも一度は思ったことあるんじゃないんでしょうか?
結婚してしばらく経ちますが外見はさておき、主人は私の「王子様」なんだと思います。
どこが王子様かというとやはり大切にしてもらえると実感できることでしょう。

人によって求めることは違うのでしょうが、
一番大切なことはお互いに相手を尊重するということじゃないでしょうか?

主人は家事の手伝いをするわけではありません。ゴミ出しも手伝ってもらった記憶が数えるほどしかありません。
しかし、ここぞという人生の岐路に立った時は必ず私を優先に考えてくれます。
そこが結婚して良かったところでしょうか。

そんな夫との出会いは長く付き合ってお互いを理解して結婚というものでは無く、
適度にお付き合いはしましたが深く理解してというものではありませんでした。

ここぞという時の判断の出来る人を見極めることが結婚への近道ではないでしょうか。
婚約指輪を買う前にこのサイトを読むと良いと思いますよ